ブログタイトル

職人とのコミュニケーション

施主様と職人の関わりを大切に考えている業者を選びましょう

よく見落とされがちですが、工事の品質に大きく関係するのが、『施主様と職人の日々のコミュニケーションがとれているかどうか』です。通常、施主様は担当者とやりとりを重ねます。    しかし、担当者はとばかりやりとりをしていても、実際に工事を行う職人には意図が伝わっていないということもよくあります。  朝早く現場に来て、黙々と作業をして夕方に帰り、また翌朝来る職人たち。会話もないまま工事が終了し、担当者と打合せをしてきた内容と違うことが発覚しても、すでに手遅れなのです。     毎日現場に来る職人たちと、少しでもいいので日々やりとりをし、小さな不満や不安を解消していくことが、大きなクレームを防ぐことにつながります。例えば、匂いのキツイ塗料を使うときは事前に伝えてほしい、今日はどのような部分をどのように工事するか報告してほしい、などということを言いやすい雰囲気であれば、施主様側もストレスを溜め込むことなく工事は進行していくでしょう。 しかし、施主様側から声をかけ、雰囲気づくりをしていくことは、やはり負担が大きいといえます。そこで、職人に対し、施主様とこまめにコミュニケーションをとるように働きかけ、マナーなどの教育をしている業者を選ぶことが望ましいのです。        施主様と職人の関係を大切にしている業者は、工事の品質も大切にしている業者といえます。

屋根・外壁の塗り替えをお考えの方は、プロタイムズりんくう泉南店へお気軽にご相談下さい。

契約書に必要なことを頭にいれ、「正しく」契約を結びましょう。

まず、書面ではなく口約束だけで契約を済ませようとする業者には

注意が必要ですし、信頼するにはあまりにも危険です。

次に、もし契約書が作成されたとしても「特定商取引法に基づいた

内容になっているか」を確認する必要があります。

最低限必要な取り決め事項である約款がついていて、なおかつ契約

書面を受け取ってから8日以内であれば、契約の取り消しや解約が

可能となるクーリングオフ制度についての記載と説明がなければい

けません。

また業者によっては「後で目をとおしておいてください」と言っ

て、省略しながら説明を行う業者もあります。しかし、そこで受け

入れてはいけません。

契約書のすべての項目について説明を受け、業者と確認しあってく

ださい。

不明な点はすぐに質問し、契約期間、支払い条件など大事なことが

全部記載されてあるかを確かめましょう。

また、個人情報をの取り扱いについてもきちんと書面で契約を交わ

す必要があります。

以上のように、契約書があるからといって安心するのではなく、業

者側に都合の良いように好き勝手に作成したものではないことや、

必要な項目を全て満たしていることなどを確認し、改めて契約を交

わしましょう。

プロタイムズりんくう泉南店では、外装劣化診断士が多数在籍しています。阪南市、泉南市、岬町で屋根・外壁の塗り替えをお考えの方は、お気軽にご相談ください

台風への備え

熱帯や亜熱帯の海洋上で発生する「熱帯低気圧」のうち、北西太平洋で発達して最大風速が毎秒約17m以上になったものを台風と呼びます。台風は年間平均25~26個発生し、11~12個が日本に接近、3個が上陸していて、7月から10月にかけて最も多くなります。台風は、広範囲に影響を及ぼす非常に大きな自然現象です。暴風域や強風域の情報を確認するほか、離れたところでも大雨による災害が発生するので注意が必要です。

台風による被害

●大雨

台風の進行方向右側の地域では、大雨により一層の警戒が必要です。台風による南よりの暖かく湿った強風が、南~南東の斜面に吹き込み、地形によって空気が強制的に上昇し、雨雲が発達するためです。

●高潮

反時計回りの台風の風は、一般的に右側で強くなっています。そのため、湾においては台風が西側を北上した場合に南風が吹き続けて高潮が起こりやすくなります。特に満潮時は警戒が必要です。

●強風・暴風

台風の進行方向の右側や地形の影響がある入り江や海峡、岬、谷筋、山の尾根などで強風となることがあります。また建物があるとビル風と呼ばれる乱流や、道路上では橋の上やトンネルの出口で局地的に風が強くなります。

台風への備え

●シャッター・雨戸

窓や雨戸はしっかりと閉め、鍵をかけて必要に応じて補強します。

●側溝・排水口

側溝や排水口のゴミや泥は取り除き、水はけを良くしておきます。水が溢れると浸水や雨漏りの原因になります。

●庭・物干しスペース

風で倒れそうな庭木は補強します。また吹き飛ばされそうなモノは室内にしまうか、片づけておきましょう。

●窓

窓ガラスに飛散防止フィルムやテープを貼っておきます。また万一の飛来物に備えてカーテンやブラインドは閉めておきます。

●非常用品

懐中電灯や携帯用ラジオ、携帯用バッテリー、雨具、非常用トイレなど非常用品を確認します。すぐ持ち出せるように貴重品などもまとめて用意しておきましょう。

●非常用水

断水に備えて飲料水を用意するほか、浴槽に水を張るなどして生活用水も確保しておきましよう。

台風は来ることが事前に予測できる災害です。情報を確認し、適切な判断をし、強風や浸水に備えましょう。

プロタイムズりんくう泉南店では、外装劣化診断士が多数在籍しています。阪南市、泉南市、岬町で屋根・外壁の塗り替えをお考えの方は、お気軽にご相談ください。

1 / 5712345...102030...最後 »

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織