ブログタイトル

診断の必要性

「外壁塗装をするのに、なぜ診断をしないといけないのだろう」と疑問をもたれる方もいらっしゃるのですが、外壁塗装前の診断は絶対に必要です。なぜならば、”塗り替え時期の目安”や”必要な補修工事”、”塗り替え工事の見積額”、”今後の塗装メンテナンス計画”は、すべてこの診断の結果をもとに考えるためです。

つまり、

・今、ほんとうに塗り替えが必要かどうか

・どんな補修工事をしないといけないのか

・今後、どのような塗装メンテナンスをしていけばいいのか

といったことが、診断を受ければわかるということです。

診断を受けると、現在の劣化箇所や外壁の状態がわかるため、”今、塗装すべきかどうか”を、より現実的に判断できるはずです。

では、どこの業者に診断を依頼すべきかをお教えします。

1.診断するのが「建築士」などの有資格者

診断をする担当者に知識があるかどうかを一般の方が見極めるのは容易ではありません。そこで、一つの判断材料として有資格者かどうか

2.診断の内容・箇所

簡単に確認できる部分だけでなく、高所部分や屋根裏などを丁寧に診断してくれるかどうか

3.報告書の作成

どんなに素晴らしい診断をしてもらっても、診断結果を自分たちが理解できなければ、結局のところ「今、塗装すべきなのかどうか」「今後、どのようなメンテナンスをしていけばいいのか」が自身では判断できず、業者の言うことを鵜呑みにするしかありません。

報告書などの書面にしてもらえるのかどうか、また報告書の中身は素人にもわかりやすい内容となっているのか、診断結果について、きちんと説明の場を設け、わかりやすく説明してくれるかどうか

以上をチェックしてみましょう。

「塗装工事をしようかどうか」に迷われている方はもちろん、住まいの現状が気になっている方は、まずは診断を受けてみることをおすすめいたします。

プロタイムズりんくう泉南店では、外装劣化診断士が多数在籍しています。阪南市、泉南市、岬町で屋根・外壁の塗り替えをお考えの方は、お気軽にご相談ください。

 

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織