ブログタイトル

信頼できないアフターフォロー

塗り替え工事の瑕疵は、工事が完了してしばらくしてから発生することが多いです。

その問題に気付くことなく放置され大きなクレームに繋がるのは、

工事のアフターフォローを徹底していない(その場しのぎ)の業者

がおおく存在しているからです。

そのような業者は、工事が進んでいくうちに発注者が不安を覚え

色々と相談や質問をしてもなんの根拠もなく(大丈夫です)と言います。

アフターフォローについて明記された書面がないかぎり、その言葉はごまかしに過ぎません

住宅メンテナンスの要である塗装工事は、塗り終わったら終わりで

はなく、塗り終えてから次の塗り替えの長いお付き合いが、発注者

と業者間では大切です。

しかし有効な保障もなく(大丈夫です)と言って発注者側を言いくるめようとする業者には、最初から長いおつきあいする気持ちはないと考えた方がよいでしょう。

そのような業者に限って、いざ問題が起きた時には、言葉巧みに言

い訳をし、結局は何もしてくれないことが頻繁にあり(何かあれば

ちゃんと対応します)という口約束を信じても、実際に不具合が起

きた時にも、なんの役にも立ちません。

色ともめ結果、最終的にはまったく別の業者に補修を頼み、お金を支払ったというケースも多々あります。高い金額を再び支払わなければならない費用面での発注者側の負担は、非常に重いものです。

(高い金額も支払うし、当然アフターフォローもやってくれるだろう)という考えは大きなクレームのもととなります。

信頼して任せた業者かもしれませんが、有効な保障書提出がない限り、確実に信頼できるとはいえません。

長いお付き合いが大切な工事であるにも関わらず、アフターフォローについての意識が低い業者が横行しているのが現実なのです。

かならず業者とアフターフォローに対する意識統一をおこなっておく必要があります。

屋根・外壁でお悩みなどあれば、お気軽にプロタイムズりんくう泉南店にお問い合わせください!

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織