ブログタイトル

台風…その2

台風は、年間で25個程度発生し、10個程度が接近、数個が上陸します。特に9月、10月にかけては、接近・上陸する台風が多く、大雨、洪水、暴風、高潮など様々な自然災害をもたらします。

今回は、台風から身を守る対策をいくつかご紹介します。

1.家のまわりの再点検

強風で飛ばされる可能性のある植木や置物は、室内に片付けましょう。庭木などには、支柱を立てるなどしっかりと固定しましょう。

2.窓を補強

ガラスのひび割れや窓枠のガタつきがないかを調べ、窓にテープを貼るなどしましょう。万が一、ガラスが割れた時のためにカーテンは閉めておきましょう。

3.床上の浸水対策

家財や家電などは、高所や2階に移動させます。電気のコンセントは、漏電や感電等を起こす可能性があります。コンセントは抜いておきましょう。

4.気象情報を活用して、事前に備える

災害に対しては、備えをしておく、危険を感じたら早めに避難するなどの防災行動をおこすことが必要です。そこで役に立つのが気象庁が発表している「防災気象情報」です。気象庁では、予想される数日前から「警報級の可能性」や「気象情報」を発表し、その後の危険度の高まりに応じて「注意報」「警報」「特別警報」を段階的に発表しています。

台風は来ることが事前に予測できる災害です。情報を確認し、適切な判断をし、強風や浸水に備えましょう。

プロタイムズりんくう泉南店では、外装劣化診断士が多数在籍しています。阪南市、泉南市、岬町で屋根・外壁の塗り替えをお考えの方は、お気軽にご相談ください。

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織