ブログタイトル

業者によって大きく違う塗装面積

数社から見積もりをとった場合、その塗装面積の差にびっくりするかもしれません。

もちろん塗装面積によって塗料の使用量も変わるので、見積もり価格にも大きな影響がでます。

まずは、塗装面積の算出方法などの根拠をきちんと説明してもらい、使用する缶数は図面から算出しているのか、住宅の実地測定まで行ったかなど、納得できるまで色々と質問してみましょう。

外壁の面積を測定せずに単純な坪数を基準にして算出してくる業者は、当然論外です。

塗り替え工事の面積が正しく計測されていて、なおかつ工事を行う部位ごとにわけて記載されている見積書が望ましいといえます。

塗装面積の根拠を明らかにしていくことは、工事全体の内容を明らかにしていくことと同じです。

曖昧なままで終わらせてはいけませんし、逆にわかりやすく明確に説明してくれる業者なら、信頼性が高いと言えます。

プロタイムズりんくう泉南店では、外装劣化診断士が多数在籍しています。阪南市、泉南市、岬町で屋根・外壁の塗り替えをお考えの方は、お気軽にご相談ください。

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織