ブログタイトル

外壁の補修が必要な劣化の症状

1・劣化の進行具合で補修の必要性を見極める。

外壁の汚れが気になる程度であれば、今すぐ補修をする必要はありません。ただし、汚れを放置すると建物の劣化を早める原因にもなりますので、年に1~2回程度は掃除をするのがオススメです。

0.3mm以下のひび割れの場合、防水上の問題のない場合がほとんどです。ただし、一度発生したひび割れは進行する可能性がありますので、油断が禁物です。ひび割れが大きくなっていないか、定期的にチェックをしましょう。また、0.3mm以下のひび割れの場合、自分で補修することも可能です。

2・補修すべき症状

①0.3mm以上のひび割れ

②色褪せ

③チョーキング(外壁を手で触ると、白い粉状のものが付着する状態)

④塗膜の剥がれ

⑤カビ・苔・藻

⑥シーリング(コーキング)の割れ

3・今すぐ緊急で補修すべき症状

①雨漏り

②コンクリートの剥離(コンクリートが剥がれて落ちてきている)

まとめ

外壁に何等かの不具合を見つけていても、手間と費用を考えると、なかなか、、、というのが多くの方の本音ではないでしょうか。ですが一度不具合が発生すると、加速度的に外壁の劣化は進行していきます。手間も費用も最小限に抑えるには、気付いたときに対処するのが一番です。まずは定期的にチェックし、必要があれば補修を行いましょう。

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織