ブログタイトル

担当者の知識不足

営業時の担当者の説明は的確ですか?

発注者と実際に施工する職人との間に立つ担当者に、塗装の専門知識がないというケースは多くあります。リフォーム工事全体のことは広く浅く知っていても、その中の一つである塗装工事について掘り下げた質問をされても答えられないのです。         実際の工事自体も、外部の塗装業者に丸投げしていることも多いため、結局は「担当者が営業時に言っていたことと、工事現場でやっていることが違う」「要望がちゃんと現場に伝わっていない。こんなはずじゃなかった」というクレーム事例に発展することが多々あります。                           別の例を挙げるとすれば、ワインに詳しくないフランス料理店の店員に、大事なワイン選びを任せてしまい、結局は料理の味と合わずフルコース全てが台無しになってしまうのと同じようなものなので、クレームとなって当然ともいえます。           塗り替え工事は、住宅を長く大切に使い価値を守るために行う10年に一度の重大行事ですから、専門知識のない担当者が間に立つということは、大変恐ろしいことなのです。塗装についての詳細な説明をしない担当者や、質問に対して迅速に的確に答えられない担当者に依頼した場合は、その塗り替え工事自体が失敗に終わる可能性が高いと心得ていた方がよいでしょう。             また、そのような担当者の大半は、質問がある度に専門業者に質問しています。こうなるともはや、伝言ゲームの状態です。しかも、発注者の意図を的確にくみとることができているのかも分かりません。なぜなら、その担当者が塗装のプロではないからです。   大切なのは、塗装についての豊富な専門知識と経験をもつ塗装専門の担当者とやりとりを行うことです。そうする事で質問にきちんと答えてくれるだけでなく、その住宅の状態に合った最良の塗り替え工事を提案してくれることでしょう。

屋根外壁の塗り替えをお考えの方は、プロタイムズりんくう泉南店へお気軽にお問い合わせください。

スタッフブログのカテゴリー

カテゴリーはありません

最近のコメント

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織