ブログタイトル

春の嵐

毎年暖かくなる3月から5月にかけては、日本付近で急速に発達した温帯低気圧により「春の嵐」や「メイストーム(5月の嵐)」といった台風並みの暴風や猛吹雪、大雨が発生しやすい季節でもあります。この「春の嵐」をもらたす温帯低気圧は、低気圧の中心から離れたところでも風が強く吹くため、被害の範囲が広がりやすい傾向があります。屋外レジャーなどの際は特に気を付けましょう。

大荒れの天気が予想されるときは、数日~1日前に気象庁から「暴風に関する気象情報」が発表されます。その後、状況に応じて「強風注意報」や「暴風警報」が強風や暴風が吹き始める数時間前に発表されます。発表された時点でまで大丈夫でも油断せず、なるべく屋内で待避するようにしましょう。警報の発表基準は地域によって異なりますので気象庁のウェブサイトでチェックしてください。

最後に、強風への備えについてお知らせします。

家の周囲やベランダに置いてある倒れやすいものは、室内にしまいます。しまえない庭木やプロパンガスボンベなどはしっかり固定しましょう。

雨戸、シャッターを点検し、補強しておきましょう。窓ガラスには、テープや飛散防止用のフィルムを貼っておくと安心です。

強風が吹いているときは、転倒・転落や、看板などの飛散物によるケガを避けるため外出はできるだけ控えましょう。

窓や雨戸、シャッターをしっかり閉めます。雨戸がない場合、窓ガラスが割れた時のためにカーテンを閉めましょう。

備えは防災の第一歩です。気象情報に注意して、災害に備えましょう。

住宅塗装専門店プロタイムズりんくう泉南店では、外装劣化診断士が多数在籍しています。阪南市、泉南市、岬町で屋根・外壁の塗り替えをお考えの方は、お気軽にご相談ください。

スタッフブログのカテゴリー

カテゴリーはありません

最近のコメント

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織